日々あれこれ

人事労務や社会保険等について、ちょっとしたトピックスを載せております

ブログ一覧

31.1.12 短時間になった時の雇用保険喪失

原則として会社に採用されると、
社員さんは雇用保険に加入することになります。
雇用保険に加入することによって、失業時に基本手当(いわゆる失業手当。以下失業手当と呼びます)がもらえることになります。
しかし、何らかの理由で労働時間が短くなり、
1週の所定労働時間が20時間未満になってしまった場合は、
雇用保険の資格を失います。(雇用保険法第6条)

この場合、失業手当はもらえるのでしょうか?
答えから言いますと、被保険者期間の条件を満たし、
他社への就職活動を行った場合は失業手当をもらえるケースがあります。

まず、雇用保険資格を失った時点で、会社は「離職証明書」を作成します。
その「離職証明書」を持ってハローワークへ行き、求職の申込を行います。
そして、実際に就職活動を行った場合、ハローワークの認定がおりれば、
失業日と認められた日に対して、失業手当をもらえるケースがあります。

ただし、会社に出社した日は当然失業日とはならず、失業手当給付の対象となりません。
また、失業手当の支給要件を満たしていなければ支給対象にはなりませんので、
よく確認するようにして下さい。

【参考資料】
(東京ハローワーク)
1週間の所定労働時間が20時間未満となったときは、喪失原因2「3」以外の離職での資格喪失となります(当該被保険者が雇用保険被保険者離職票の交付を希望しない限りは、離職証明書の発行をお願いします)。なお、所定労働時間の変更が臨時的・一時的(概ね6カ月以内、育児のために時間を短縮した場合には、その子が小学校就学前)である場合には資格喪失の手続きは必要ありません

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/kakushu_jouhou/koyouhoken/koyouhoken/QA/hihokensya_qa.html#19

(東京労働局)
従来「1週間の所定労働時間が20時間未満となった場合」につきましては、喪失原因 1「離職以外の理由で資格喪失」として取り扱っておりましたが、平成23年3月10日以降に資格喪失した方は、喪失原因 2「(3)以外の離職での資格喪失」として取り扱うこととなりました。

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/koyou_hoken/koyouhoken-tetuduki.html

2019年01月12日

30.9.11 最低賃金額が決定

最低賃金額(地域別最低賃金)が下記の通り決定しました!!!

奈良県 811円 (平成30年10月4日より)

大阪府 936円 (平成30年10月1日より)

2018年09月11日

30.9.6 産業雇用安定センターをご存知ですか

産業雇用安定センターをご存知でしょうか?

産業雇用安定センターは、「失業なき労働移動」の実現を目標とし、
人材の確保、従業員の再就職の支援を
無料で実施している公益財団法人です。

各都道府県に事務所があり、
奈良事務所はJR奈良から徒歩3分ほどの場所にあります。

事業の整理・縮小で人員削減を検討している・・・
定年退職者等が他企業へ再就職できるようにしたい・・・
といったような悩みをお持ちの事業主様は、一度相談をしてみてはいかがでしょうか

【産業雇用安定センター ホームページ】
http://sangyokoyo.or.jp/

2018年09月06日

30.8.23 一括有期事業開始届が廃止

一括有期事業開始届が廃止になります。

7月の厚生労働省の労働政策審議会において
有期事業の一括にかかる地域要件や一括有期事業開始届を廃止することが
妥当だと判断されました。
平成31年4月から実施されるとの事です。

政府の行政コスト削減と同時に、事業主の手続きの簡素化が目的です。

2018年08月23日

30.8.9 最低賃金の動向

毎年、10月1日頃に最低賃金が改定されます。今年は何円UPになるか気になるところですが、先日、厚生労働省から最低賃金案が公表されました。

この最低賃金案では、全国平均で26円UPを目安としています。これにより、奈良県は811円、大阪府は936円とする案となっています。あくまでも案ですので、確定次第また皆様にお知らせします。

ちなみに東京都は全国で最も高い985円の案となっています。いよいよ最低賃金が1,000円を超える日も近づいてきたようです。

2018年08月09日
» 続きを読む