2歳まで育児休業がとれるようになります

平成29年10月1日から改正育児・介護休業法がスタートします。
この改正により最長子供が2歳になるまで育児休業がとれるようになります。

今までは、最大でも1歳6ヶ月までしか取得できませんでした。
6ヶ月分さらに延長することができるようになったわけです。

また、事業主さんには次の2点の努力義務が新しく追加されます。

①子供が生まれる予定の社員さんに育児休業等の制度を知らせること。

②未就学児がいる社員さんが育児関連の目的で利用できる休暇制度を設けること。

努力義務とはいえ、これだけ育児と仕事の両立に関心が寄せられている時代です。
社員さんの定着率向上の意味でも、育児に関する制度を整えることは必須になってきています。

2017年06月09日