両立支援等助成金 ~男性の育児休暇・休業が対象に~

育児休業は男性でも取得可能なことをご存知でしょうか?
まだまだ育児休業は女性がするものという認識は根強く、
男性社員の育児休業取得率は微々たるものです。

そこで男性社員の育児休業取得を促進するため、
両立支援等助成金(出生時両立支援コース)が誕生しました。

助成金のざっくりとした内容は次の通りです。
是非、ご検討下さい。

 


【受給額について】
①男性社員に育児休業を連続5日以上取得させた場合
 1人目…57万円(72万円)
 2人目以降…14.25万円(18万円) ※年間10人まで。予算無くなれば終了。

②男性社員に育児目的休暇を5日以上取得させた場合
 28万円(36万円) ※1回のみ

※カッコ内の金額は、生産性が3年前より6%伸びている場合の金額です。
※生産性=(営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課)÷雇用保険被保険者数

 

【要件について】
①育児休業
〇男性社員に育児休業制度利用の促進資料を配布すること。
〇育児休業を連続5日以上取得させること。
〇就業規則の育児休業項目を整備すること。
〇「一般事業主行動計画」を作成し、労働局へ提出すること。

②育児目的休暇
〇育児目的休暇の制度を作り、就業規則に規定すること。
〇男性社員に育児目的休暇利用の促進資料を配布すること。
〇「一般事業主行動計画」を作成し、労働局へ提出すること。

2019年05月09日