老齢年金を受け取るための資格期間が短縮されます

従来は老齢年金を受け取るために、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、
共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した期間が、
原則として25年以上必要でした。

平成29年8月1日からは資格期間が10年以上あれば
老齢年金を受け取ることができるようになります。

今回の制度変更により新たに年金の受給資格を得る方は64万人となる見通しです。

対象となる方には、日本年金機構から案内が送付されてくる事になっていますので、
見落としの内容にご注意ください。

2017年02月08日