障がい者の法定雇用率が引き上げになります

平成30年4月1日より障がい者の法定雇用率が引き上げになります。

現状では、従業員数50人以上の企業に障がい者の雇用が義務付けられており、
その雇用率は2.0%とされていました。

この雇用率が平成30年4月1日より、2.2%となります。
よって、雇用義務の対象となる企業は、従業員数が45.5人以上の企業に拡大されます。

なお、平成33年4月までには、更に0.1%引き上げとなり、
従業員数43.5人以上の企業が対象となります。

ハローワークでは、障がい者雇用のために様々な支援制度を用意しています。
支援制度を活用し、対応を進めることをお勧めします。

2017年07月14日