29.12.12 黄色い封筒が届いたら

従来、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。
ところが、平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました!!

該当する方には、年金機構から黄色い封筒が届きます。
この中には専用の請求書が同封されていますので、
必ず開封してご確認下さい。

2017年12月12日